何を探すお手伝いをいたしましょうか?

よくある質問


まず、以下の基本的なトラブル シューティングの手順をお試しください
  1. Miro のステータスページを見て、パフォーマンスに現在問題がないか確認してください。
  2. ブラウザーのシークレットモード(ブラウザー拡張機能が妨げになる可能性を除くため)か、別のブラウザーを使用してみてください。
  3. ブラウザーのキャッシュとクッキーを消去して、ブラウザーを再起動してください。
  4. ブラウザーが最新バージョンに更新されていることと、ネットワークの接続や帯域幅に問題がないことを確認してください。必要があれば、異なる VPN をお試しください。
  5. デスクトップ / モバイル / タブレットアプリを使用している場合は、再インストールし、ウェブ版を使用して Miro をテストしてください。
  6. 6. ユーザー数が増加していたり、アクティビティーが集中しているときは、ボードの読み込みが遅くなることもあります。古い低性能のデバイスを利用している場合も、読み込みが遅くなることがあります。コラボレーション セッション中にボードのパフォーマンスを向上させるためのヒントをご覧ください。
  7. 7. コンテンツでボードが重くなりすぎると、パフォーマンスにも影響する可能性があります。大きなボードのパフォーマンスを向上させるためのヒントをご覧ください。
ボード読み込みに関する問題の詳細については、トラブルシューティング ガイドをご覧ください。
SSO(Single Sign On:シングルサインオン)のログインで問題が発生した場合、表示されるエラーメッセージに応じて、いくつかの解決策があります。SSO ログインエラーのシナリオをご覧ください。

パスワードやメールアドレスでログインできない場合や、メールやパスワードのリセット通知が届かない場合は、メールまたはパスワードの問題に関するガイドをご確認ください。
請求書に心当たりがない課金がある場合、ユーザーがアカウントに誤って使用枠(ライセンス)を追加した可能性が考えられます。

チームの規模を設定するとき、そのプランで利用できる使用枠(ライセンス)数を決定します。すでにその使用枠がすべて使われている場合、チームに招待した追加メンバーは、チームに自動的にメンバーとして追加され、その追加分使用枠料が請求されます。使用枠(ライセンス)が支払い請求に及ぼす影響の詳細をご覧ください。

追加使用枠の料金は日割り計算され、追加使用枠を利用した日数に対してのみ請求されます。誤って使用枠を追加してしまった場合の対処法はこちらです。
Business プランと Enterprise プランの場合、[会社] の設定 > [アクティブなユーザー] > メンバーの横にある三点リーダーをクリックして、[ゲストに変更] を選択します。

Starter プランと Education プランの場合、チームの設定 > [ユーザー] に移動し、[チームから削除] を選択します。ユーザーをメールで特定のボードに招待し、閲覧またはコメントするアクセス権限を与えることができます。招待したユーザーは、チームのユーザーリストにゲストとして表示されるようになります。

詳細については、 メンバーをゲストへ変更する方法のガイドをご覧ください。

請求書を確認するには、[チーム] の設定 > [支払い] > [請求書] に移動し、お探しの請求期間の横にある [ダウンロード] をクリックします。

管理者(Team プランのチーム管理者、または Business プランの会社の管理者)は、[チーム] の設定 → [支払い] → [支払い情報] にある該当フィールドで、 会社の情報を変更、また追加することができます。

支払い情報タブで会社の情報を更新すると、その新情報は、以降に発行される請求書と領収書に自動的に反映されます

請求書による支払い方法を利用しているサブスクリプションのチームもしくは支払い管理者であり、未払い請求書に会社の詳細を記載する必要がある場合は、Miro サポートまでご連絡ください。

Miro のボードには、文書、スプレッドシート、画像、プレゼンテーション、プレビュー画像付きリンク、アイコン、埋め込み動画やその他のメディアファイルなど、数種類のコンテンツを追加することができます。

最も素早くコンテンツを追加する方法は、ボードに直接アイテムをドラッグ & ドロップすることです。クリップボードからテキストや画像を追加する(Windows の場合 Ctrl + CCtrl + V、Mac の場合 Cmd + CCmd + V を使用)ことや、コンピューターまたはクラウドストレージから直接さまざまなファイルタイプをアップロードすることもできます。

Miro のボードにコンテンツを追加するさまざまな方法についての詳細をご覧ください。
会社の IT 部門に連絡し、Miro の前管理者のメールアドレスへのアクセスを許可してもらうようにご依頼ください。Miro の管理者のメールアドレスへアクセスが可能になったら、Miro プロフィールのパスワードを変更します。そして、管理者の資格情報で Miro にログイン し、[設定] > [アクティブなユーザー] に移動して、管理者権限を自分自身に付与してください。

それでも解決しない場合は、Miro のサポートチームが、できる限りのお手伝いをいたします。

アカウントが Miro の有料プランであれば、チケットのスレッド内の必要な方へ管理者権限を移譲することを承認する、役員の署名入りの書面を提出していただくことができます。

年次<サブスクリプションをキャンセルして有効期限切れを待ち、有効期限が切れてから月次サブスクリプションに切り替えて更新することもできます。
アップグレードは、プロフィールではなく、特定のチームに適用されることにご留意ください。従って、Miro で複数のチーム(Free プランと有料 / Education プラン)に属している場合、各チームでのライセンスが異なるため、利用できる機能も異なります。

この場合、ダッシュボード の左側のパネルにある四角いチームアイコンをクリックして、アップグレードされたチームに切り替えることができます。

チーム間でボードを移動させるには、ボードを移動する方法ガイドで、手順をご確認ください

一方、プロフィール間でボードを転送したい場合は、こちらの記事をご覧ください

ブラウザーでボードリンクを開く か、ゴミ箱から、削除されたボードを復元することができます。ボードリンクは、ブラウザーの履歴(ブラウザーのアドレスバーにボード名をタイプし始めるのみ)やメール通知から見つけることができます。

⚠️ ボードを復元できるのはボード所有者のみです

コンテンツを復元するには、ボード上のアクティビティー リストを確認し、削除のイベント履歴を探してください。 コンテンツ復元の機能はすべてのプランのユーザーが利用でき、削除されたものを容易に復元することができます。

詳細については、ボードコンテンツの復元ガイドをご覧ください。

メールは届くのに最大で 30 分ほどかかる場合があります。ご注意ください。

また、以下のフォルダーもご確認ください

  • 迷惑メール
  • スパム
  • ソーシャル
  • アップデート
  • プロモーション

これらのフォルダーにメールが届いていない場合、ファイアウォールがメールの受信を妨げている可能性があります。システム管理者に連絡して、Miro のドメインとサブドメイン(miro.com*、*.miro.com、mirostatic.com*、*.mirostatic.com、realtimeboard.com*、*.realtimeboard.com)を許可リストに登録するよう依頼してください。この設定は、今後 Miro が配信するメールをすべて受信するために必要です。

Enterprise プランをご利用の管理者の皆様へ